新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラム建てよう

社会人になって人生初の一人暮らしを始めた私が目についたニュースは、6月1日の日経MJに掲載されていた「最新の不動産業界の動向」に関する記事です。

――掲載記事―――――――――――――――――――――――――

『進化ITで部屋探し スカイプで内見 サイト掲載、雑誌風』 
不動産賃貸仲介のハイタイム(東京・品川)はスカイプのテレビ電話やビデオで部屋を下見ができ、物件の相談ができるサービスを開始した。実店舗を持たないことで契約手数料を抑えている。東京を中心に約3.5万件を掲載している。利用者は主に都心でお金をかけずに物件を見つけたい若者や、地方から上京してくる人。就職を機に上京した男性は、スカイプで計10時間希望物件について話し合った。物件を絞り上京して内見を行い、希望する物件にたどり着いた。同様にイタンジ(東京・港)ツクルバ(東京・渋谷)も部屋のスペックにとどまらない情報を提供している。国は不動産会社が取引条件などの重要事項もテレビ電話で説明できるよう規制緩和する方針。国の規制緩和を追い風にネットを生かした不動産サービスは広がりそうだ。

関連リンク
http://kaigai.chintai.net/london/shop/skype/

―――――――――――――――――――――――――――――――
私は、今年他県から新潟県に引っ越してきました。初めての引っ越しだったのですが、今の部屋を決めるまでに15件も内見しました。部屋を探している時、交通費や宿泊費など様々な費用がかかり、とても驚きました。

そのため、このようなサービスがあるととても便利だと思いました。このサービスを利用すれば、事前に物件を絞ることができ、無駄な時間や費用を省けます。また、写真だけでは伝わらない実際の部屋の様子を感じることができ、効率よく部屋を探すことができます。

不動産業界だけでなく、県外や海外からの学生を獲得するための大学案内に活用したり、結婚式場の見学に活用するなど、様々なビジネスにも応用したら面白いと感じました。

最終的には、実際に足を運び、物件を決定することが多いと思いますが、このサービスを活用することで、今までターゲットとしていなかった遠方の人にも利用していただける機会が増えるかもしれませんね。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 滝沢 彩












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/98-f688bf73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。