新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用

当社のご支援先で、プレスリリースを行ったところ、見る見るうちに様々なメディアに取り上げられ、売上が2倍になった燕の鑢(やすり)製作所の取組みをご紹介します。

昭和14年創業の(有)柄沢ヤスリは、組ヤスリを中心とする工業用のヤスリの製造を続けてきました。もともと燕は江戸時代から鎚起銅器とキセルとヤスリの町と言われていましたが、戦後洋食器の町へと変貌を遂げ、軒を連ねていたヤスリ製造工場も今や2社だけになりました。

現代は「簡単に手に入る安いモノ」が売れる時代。
工業用ヤスリも海外の工場で生産されたヤスリに価格面で圧倒され、苦戦を強いられていました。

策を打たなければ、売上はあがりません。そして、納品先は減る一方。

そんな中、以前から要望が多かった「女性用の爪ヤスリ」を開発しました。
ヤスリの目立てを60年以上行ってきた職人が手掛けた、爪ヤスリ。
削り心地はもちろん、見た目も素晴らしい、商品ができました。

「これは売れるはず!さて、売り出そう!」

「あれ、売り方がわからない。」

これまで工業用ヤスリしか販売したことがなかったため、女性用の商品を販売する取引業者は数件のみ。広告費を出す予算はありません。

そんなときに取り組んだのが、パブリシティ施策です。

パブリシティとは、企業がその製品・事業などに関する情報を積極的にマスコミに提供し、マスメディアを通して報道として伝達されるよう働きかける広報活動のことです。

今回柄沢ヤスリでは、メディア向け商品お披露目会を企画し、メディア各社にプレスリリースをFAXで送り、取材依頼を促しました。

その結果、メディア向け試供会にはテレビ局2社、新聞社2社が取材に訪れ、その日のうちにテレビで新商品「爪ヤスリ」が紹介されました。

テレビに出ると、問合せが殺到。
柄沢社長は夜まで電話の対応に追われたそうです。

話題は話題を生み、マスコミはマスコミを呼びます。
その後も全国放映のニュースやバラエティ番組など、何度もテレビの取材を受けました。

商品認知が拡がれば拡がるほど、商品は売れつづけ、1年後には売上が2倍。
ある販売先では、昨年度と比較すると10倍の売上額をたたき出しているそうです。

今回の施策に使った費用はマスコミにFAXを送る際の通信費のみ。

プレスリリースの切り口や書き方は試行錯誤したものの、費用はかけず取り組むだけで効果を出すことができたのです。

皆さんの会社では売上をあげるために、どんな施策を実施していますか?

広告費をたくさんとったけど、売上につながるか心配。

そんな状況でお困りの方は、当社主催のセミナー情報をぜひご覧になってください。


-----------------------------------------------------------------
「取り上げられるプレスリリースを1枚書き上げる!」
プレスリリース作成セミナー
◆日時・場所
  5月15日(金)
  新潟マーケティングプラザ (グローカルマーケティング新潟事務所内)
◆受講料
  15,000円(税別) ※後日、請求書をお送りいたします。
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M298267&c=3005&d=2955
-----------------------------------------------------------------

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 副部長 玉木 南












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/92-f7eb78e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。