新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用326
最近は気温も上がり、季節はもうすっかり春ですね。
来週はもう4月。いよいよ新年度が始まります。

先日、GoogleからSEO(検索エンジン対策)に関する重要な発表が行われました。
その発表によると、「4月21日より、【モバイルフレンドリー】なWEBサイトを検索エンジンに上位表示させる」ということでした。
正確には「モバイルでの検索結果において、モバイルフレンドリーなWEBサイトを検索順位に優遇させる」とのことです。

「モバイルフレンドリー」という聞きなれない言葉が出てきましたが、簡単に言うと「スマートフォン向けに最適化されたWEBサイト」ととらえてください。
Googleの発表により、今まで以上にWEBサイトの「スマホ対応」が急がれる結果となりそうです。


皆さんもご存知の通り、数年前よりスマートフォンやタブレット端末の普及が始まって以来、現在ではさらにその勢いは増しています。
事実、WEBサイトのアクセス解析を行うと、最近ではスマートフォンからのアクセス数が顕著に増えていることがわかります。業態によっては、PCのアクセス数をスマートフォンが上回っていることも頻繁に見受けられるようになりました。

「スマホ対応」が叫ばれるようになった当初は、大手企業が先陣を切ってスマホ対応を行い、現在ではほぼ全ての大手企業でスマホ対応が完了していると言えそうです。
地方はというと、以前に比べWEBサイトをスマホ対応させる傾向は強まっていますが、いまだスマートフォン向けに最適化されていないサイトも多く存在しているのが現状です。

「うちのホームページはスマホで多少見づらいかもしれないが、まだ大丈夫だろう」

そうお考えの方も多いかと思いますが、Googleの検索結果にもスマホ対応の有無が影響するとなると、「多少見づらい」では済まなくなってしまうかもしれません。
WEBサイトをスマートフォン向けに最適化させることは、もはや先送りにすることができなくなったと言えそうです。

もしまだホームページをスマホ対応されていない方がいらっしゃれば、この機会に「モバイルフレンドリーなWEBサイト」に改めてみてはいかがでしょうか?
Googleでは「モバイルフレンドリーテスト」という、自社のホームページが適切にスマホ対応されているか診断するサイトを紹介しています。

まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか?

■Googleモバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja
(スマホ対応に向けたガイドなどもありますので、是非ご参考にしてみてください。)


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 部長 野澤 玄也












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/89-fec7eb32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。