新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMG_0051.jpg
「この絵本の表紙、動画が飛び出すんですよ!」
と、弊社スタッフに紹介されたフリーペーパーの仕掛けは、スマートフォンのアプリから絵本の表紙を見ると、表紙のキャラクターがリアルに動き出し、簡単なストーリー仕立ての動画が流れるというものでした。

数年前に「セカイカメラ」で一時注目を浴びたAR(拡張現実)という技術が、最近は商品やサービス、地域のプロモーションで活用される場面が広がっているようです。
面白い事例をいくつかご紹介します。

◆グリコ
飛び出すぬり絵が昨年話題になりました。
https://www.youtube.com/watch?v=-9CPMPu0Hko
これは楽しいですね。

◆日本郵便株式会社
2015年の年賀はがきでは、スマートフォンのカメラを向けると、乃木坂46のメンバーが踊ったり、歌ったりする「乃木坂46ぐるぐるAR年賀状」が話題になっていました。
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/19/255/

◆ほの国東三河(愛知県東三河地域)
こちらはAR専用サイトです。
観光案内や地域PRのツールとしての活用が話題になっていることも多いです。
http://www.higashimikawa.jp/ar_special/
かなり力が入っていますね。スマホを片手に、街を歩くのが楽しくなりそうです。


近頃は大手企業や行政だけでなく、飲食店や美容室、学習塾、不動産情報などを紹介するフリーペーパーやパンフレット、チラシ内にARが組み込まれているものを目にすることが増えてきたように思います。
今や日本国民の多くが手にしているスマートフォンを介して、すぐに、簡単に、時には楽しく、詳しい情報を収集できることが、ユーザーに受け入れられる理由だと思います。

ビジネスの場でも、紙ではなかなか伝わらない商品の魅力を、分かりやすく伝えることができそうですね。

AR?拡張現実??まだまだ馴染みのない言葉かもしれませんが、実は身近なところでも使われているかもしれません。
普段見ているチラシやフリーペーパー、新聞広告など「AR」を目にしたら、ぜひ一度体験してみてください。

私は凝り固まった思考が少し拡張した気がします。


グローカルマーケティング株式会社  渡辺 護












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/84-bbdb8524

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。