新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
141014コラム_9122
秋は、毎週末さまざまなイベントが、いろんなところで開催されていますよね。
楽しむ側としては、どのイベントに行こうか迷ってしまうほどです。
一方、主催者としてはなるべくたくさんの人に来て欲しい、来てもらえないと困る、というのが正直な気持ちでしょう。

先日、当社でもイベントのお手伝いをする機会がありました。
国内有名ラーメン店など複数の飲食ブースが出店し、アーティストなどのステージパフォーマンスも行われるような、比較的大きなイベントです。沢山の方に来ていただけるか不安もありました。
新聞折込、ポスター掲示など一般的に考えられる告知も当然行いましたが、それ以外にも、コストを抑えながらより集客できるようにいくつかの施策を行いました。
その際に手応えを感じた告知方法を3つピックアップしてご紹介します。

【プレスリリース】
まずは「プレスリリース」。
世の中に知ってもらいたいものを、報道機関がニュースや記事の材料として使ってくれることを期待しつつ、提示することですね。
私たちも地元新聞社・FM局をはじめ、100社程度にFAX配信しました。
そのうち特に影響力のありそうな媒体には、直接電話連絡をしてお願いしました。
その媒体のほか、数社で採り上げていただいたのを確認できました。

【SNSでの拡散】
次に「SNSでの拡散」です。
今や多くの皆さんが情報収集、コミュニケーションの場として活用しています。
この場を使わない手は無いですね。記事を投稿するポイントとしては、読者目線に立つ事でしょうか。主催者が伝えたい情報を流すよりは、読み手が、その友だちに知らせたくなるような切り口で書くことが重要です。

【インフルエンサーからの発信】
最後に「インフルエンサーからの発信」です。
「インフルエンサー」?「インフルエンザ?」耳慣れない方もいらっしゃるかも知れません。「インフルエンサー」とは他の消費者の購買意思決定に影響を与えるキーパーソンです。
私どものイベントでは、当日出演するアーティストがラジオ出演される際にイベントについて発言してもらったり、出店するラーメン店の店頭でポスターを掲示してもらったりしました。
それぞれのファンに伝える事で、より情報が広がりやすくなります。

いかがでしょうか。これらを実践した私どものイベントは、おかげさまで沢山の方に来場いただく事ができました。
今回ご紹介した事例が、どの程度功を奏したのかは計れませんが、やって損のある事では無いと思います。
来場者が笑顔で楽しむ姿を見るのは、何とも言えない達成感ですよね。
ぜひご参考にしてください。

グローカルマーケティング株式会社  福田 洋介












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/73-8e314ec8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。