新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「和食」文化の保護・継承プロジェクト Washoku JAPAN_2
先日県内のある酒蔵さんが海外輸出を始めたという話を聞きました。
数年前から日本の食品の海外からの評価が高くなってきていることは何となく肌で感じていましたが、身近な地元で話を聞くと益々現実味を感じます。

こういった流れは、インターネット通販でも同様で、外国からの需要が増してきているようです。
2014年3月日本貿易振興機構(ジェトロ)から報告されている調査レポート「海外向けインターネットを使った食品の販売状況 」では、現在は海外在住の日本人が主要顧客層だが、最近では、アジア圏の富裕層、欧米およびアジアの小規模小売店、飲食店においても小口需要が伸びていて、以下のような商品が有望市場と見られています。

・安心、安全、品質のニーズが高い食品(生鮮品、子供向け食品、等)
・日本の特産物、独自の食文化による日本の加工食品・調味料
・現地での流通量が少なく、直接日本から購入するニーズのある食品
※調査レポート
ジェトロより
http://www.jetro.go.jp/world/asia/hk/reports/07001707

2013年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことで、世界から日本食に関する注目度も高まっています。日本リサーチセンターが実施した日本人が考える和食についての調査では「ヘルシー」「体に良い」「素材の味を生かして食べられる」と良いイメージを持たれている人が多く、「洋食よりも和食が好き」と回答した人は約7割という結果が出ていました。
また、和食は外食よりも家庭料理として食べられることが多いとのことです。

個人的な意見としては、最近は日本食離れが進んでいる印象があったので、意外な結果でもあり、とても安心しました。
※調査レポート
日本リサーチセンターより
http://www.nrc.co.jp/report/140217.html

ここ数日、県内を車で移動していると稲刈りの様子を多く目にするようになりました。
新潟は、海も山もある自然に恵まれた地域で、食の宝庫だと思います。
日本の和食を新潟からもどんどん世界へ発信できるようなれば、新潟がもっともっと活性化します。

「新潟のいいモノが売れる」そんな地域の実現を目指してマーケティング(売れる仕組みづくり)を考えて行きたいと思います。


グローカルマーケティング株式会社  渡辺 護












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/69-8a5e71e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。