新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
enjin.jpgみなさんは「NIIGATA SKY PROJECT」をご存知ですか?
新潟市が産学官連携事業として行っている航空機関連産業支援の取組みの総称です。

新潟県内では金属加工関連の企業が多いですが、ほとんどの企業が部品などの製造を行っており、厳しい価格競争に晒されています。完成品を製造しようにも技術力の問題もあり、1企業だけでは限界があります。
そこで新潟市は付加価値が高く、今後の産業の発展が望める航空機産業への進出支援を始めたそうです。


2009年のパリ航空ショーへの出展をきっかけとして始まった当プロジェクトには、32社の企業が加盟しています。
新潟市が航空機産業への参入に必要な国際認証の取得を支援し、各企業の技術の高度化も進んでいるそうです。
また、将来的には新潟空港周辺の航空機産業の集積地化も目指しています。

ここまで聞くとあまり現実味のない話のように聞こえますが、このプロジェクトは着実に前に進んでいます。
今年には西蒲区に航空機のエンジン部品を製造する共同工場が完成し、複数の企業が一貫生産でエンジン部品の製造に取り組むそうです。
機体や装備品を製造する共同工場も来年度中に完成する予定です。

さらに、無人機(UAV)の製造にも取り組んでおり、今夏には試作機が完成するそうです。

■NIIGATA SKY PROJECTサイト(新潟市)
https://www.city.niigata.lg.jp/business/kigyo/sokushinho/sky_project/index.html

当コラムで初めて「NIIGATA SKY PROJECT」を聞いたという方はここまで進んでいる事に驚くかもしれません。
国内の製造業が落ち込む中で、行政がこのような取り組みを行う事は非常に価値があると思います。

近い将来、メイドイン新潟の飛行機が大空を飛ぶと思うと非常にワクワクしますね。


グローカルマーケティング株式会社
松岡 正行

----------------------------------------------------------------
◆◇◆新潟マーケティング大学定例講座◆◇◆
3月のテーマは「売れる仕組みづくりしてますか?」
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M205410&c=3005&d=2955
新潟会場は本日開催です。お申し込み、まだ間に合います!

自社の商品・サービスをより多くのお客様にご利用していただくためにはどのような「仕組みづくり」を行うべきか?今回の新潟マーケティング大学では、「マーケティング=売れる仕組みづくり」の基本的なノウハウや考え方を事例と共に広くご紹介いたします。

4月からの新年度に向けて、今一度自社の売れる仕組みを見直してみませんか?業種・業態に関わらず、「マーケティング」について広く学べる場をご提供致します。皆さまぜひお気軽にご参加ください。

【日時・会場】
・ 新潟会場:3月20日(木)新光町キャンパス705
(グローカルマーケティング(株)新潟オフィス内)
・ 長岡会場:3月27日(木)まちなかキャンパス501

  両会場19:00~21:00

<お申込みはこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M205411&c=3005&d=2955

----------------------------------------------------------------

 ◇◆月刊CD Jump!3月号は「組織営業力の強化」◆◇◆
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M205412&c=3005&d=2955

営業を「見える化」して改善を図る「プロセスマネジメント」の生事例を大公開!
当社で行った「プロセスマネジメント」の成果をお伝えいたします。

「個人に頼る営業から組織営業に転換したい」とお考えの方にお勧めです。

HPより一部試聴ができます。
<詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M205412&c=3005&d=2955

---------------------------------------------------------------












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/52-10477eba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。