新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは。グローカルマーケティングの松岡です。

私は多くのお客様のWEB集客についてご支援させて頂いておりますが、「facebookは本当に効果あるの?」と聞かれることがよくあります。
実は私もfacebookが日本で広まり始めたころは、その効果に懐疑的でした。
こんなもので人が集まったら苦労しないよ!と思っていました。

現在は「facebookは効果があります!」とはっきり言うことができます。
事実、当社が主催している「新潟マーケティング大学」では約34%の方がfacebook経由での申込みとなっています。
(参加していただいたお客様にアンケートを取って確認しています)
もしfacebookが無ければ参加者は30名から20名に減っていたことになります。

また、ある企業が「ファンになった後に会社へのイメージがどう変わったか」を調査したところ、「イメージが良くなった」、「興味を持った」、「親近感を持った」など、好意的な回答が60%にのぼり、「イメージ向上」につながっていることが分かります。
※ガイアックス「facebookページのファンになってからの態度変容・購入経験等についての調査」より

では、なぜ成果が出ないと感じる企業が多いのでしょうか?
実際にお客様のお話をお聞きすると、効果が実感できない原因は3つに分類することができます。

1.いいね数が足りない
facebookページへの「いいね数」が少ないと効果は非常に低いです。
当社でも効果を感じてきたのは「500いいね」を超えてからでした。
実はfacebookページの投稿は全てのファン(いいねした人)に届くわけではありません。独自のアルゴリズム「エッジランク」というものがあり、約12%のファンにしか届いていないというデータもあります。
(※エッジランクの確率はファンの反応などにより変わります)

2.共感される投稿が少ない
「いいね」とは「共感した」という意味です。あなたの投稿に共感される要素が多ければ、多くの「いいね」を集めることが出来ます。
ある製造業の投稿ですが、「今日食べた昼ごはん」が永遠と投稿されていました。
ファンは担当者のお昼ごはんに興味はなく、いいねが集まるはずがありません。

3.明確な目的を持たず運営している
これは一番大きな原因だと思います。何のためにfacebookを運用するのかという目的を持たずに運用する企業が非常に多いです。
目的なく運用しているため何を投稿していいのか分からず、「今日食べた昼ごはん」が主な投稿になっていきます。

facebookは中小企業にとって大きなチャンスだと思います。
多額の広告費を使わなくてもターゲットとなるユーザー(ファン)に、直接告知することが出来るからです。
より効果的な運用をするために、まずはこの3つを見直してみてはいかがでしょうか?


実は9月に開催される新潟マーケティング大学のテーマは「facebookページ徹底活用」です。
これまでもマーケティングやネットビジネスなどの講座の中でfacebookについて説明することはあったのですが、もっと詳しく聞きたいという要望が大変多かったです。
今回、初めて2時間全てを使って当社が持つfacebookのノウハウを公開しますので、効果を実感できない方はぜひご参加ください。

<詳しくはこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M154792&c=2970&d=fd50












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/31-022c840d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。