新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用


先日福島マーケティング大学開催のため、郡山へ出張に行ったときのこと。

福島マーケティング大学参加者の皆さんに、郡山でおすすめのお店はありますか?と聞いたところ、こんなアドバイスをいただきました。

「郡山といえば駅前に良いバーがありますよ。カクテルの種類が豊富で楽しめて、スタッフさんも気さくで・・・」

そういって、その方はご自身の財布からお店のショップカードを出し、私に見せてくれました。

慌ててお店の名前のメモをとろうとした私に、その方は言いました。

「良かったらそれ持って行ってください。マスターから名刺とそのカードをもらったので、差し上げます」

私は御礼を言ってそのショップカードを財布にしまいました。
「よし、今度の出張ではこのお店に行ってみよう!」

今もショップカードは私の財布の中で出番を待っています。


これは私が実際にクチコミされた体験です。
この話の中では、お客様にクチコミされるために重要なヒントが隠されています。


お客様にクチコミされるための重要なヒントは、「お財布に入る」です。

多くのお店・会社が作成しているツール。
ビジネスパーソンであれば名刺、お店であればショップカード、リーフレット、チラシが一般的です。

ここで重要なのが、「ターゲットの保存性」です。

例えば、ごく一般的なA4のチラシ。
チラシでお客様にクチコミをしてもらおうと思っても、多くのチラシが折りたたまれそのままゴミ箱に入ってしまう現状があります。

では、なぜそうなってしまうのか。

A4はビジネスパーソンにとって使いやすいサイズであり、一般消費者にとっては使いやすい、保存しやすいサイズではないのです。

男性の方、休日のお出かけにA4サイズの書類が入るようなカバンを持っていますか?

女性の方、休日に持ち歩くカバンは、お財布と少しのお化粧品が入る程度のコンパクトなカバンではないでしょうか。


郡山でおすすめのバーをクチコミしてくださった方のお財布にそのカードが入っていなかったら?
私がそのカードを自分の財布に入れなかったら?

クチコミでお客様を呼ぶために自社のツールを活用するには、「財布にしまっておけるサイズ」である必要があるのです。

皆さんのツールはお客様に保存してもらえるツールになっていますか?

心地良い春の訪れ。
衣替えとともに自社のツールも見直してみましょう。


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 副部長 遠藤 南

---------------------------------------------------------------------------

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

---------------------------------------------------------------------------












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/163-391d1326

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。