新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用



妄想消費という言葉をご存知ですか?
トレンダーズ株式会社が10代~40代女性を対象に「SNSの利用行動と消費行動」に関する調査を行いました。
この調査で紹介された「妄想消費」という考え方。女性消費者の心を掴むために、ぜひ押さえて欲しいキーワードです。


妄想消費とは、Instagramを取り巻く状況の中で生まれた言葉です。
ファッション・マーケティングに特化したキュレーションメディア”ファッションマーケティングジャーナル”では下記のように紹介されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Instagram は、「URLリンクが設定できないため WEB サイト誘導には不向き」と言われてきたが、最近ではタイムラインに表示された目を引く画像で商品に興味を持ち、#タグ検索 をしてより多くの商品画像に触れようとするという流れが生まれている。
きれいな画像を見ることで妄想が掻き立てられ、その結果、そのままスマホブラウザを立ち上げインターネットショッピングをする女性も増えている。
トレンダーズではこの消費傾向を「妄想消費」と名付けた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

きれいな画像を「いいなぁ…」と眺めて、気付いたらその商品を検索して、買っている。
妄想消費とは、そんな消費者の行動を表した言葉です。
ここではInstagramなどweb環境での消費行動として取り上げられていましたが、この考え方はweb以外でも活用できます。
お客様が思わず「いいなぁ…」と妄想してしまうPRを意識するのです。
具体的には写真にこだわることや、キャッチコピーで商品を使用したときの自分を妄想させることが考えられるでしょう。
このツボさえ押さえれば、チラシや広告の作り方でも活用できるでしょうし、販売店の棚づくりや営業トークにも応用できるでしょう。

妄想消費の考え方を活用する際、気を付けなければならないのは、“売ろう・拡散しよう”としすぎないことでしょう。
例えばweb上であれば「シェアして下さい!」「拡散して下さい」などとしすぎないことです。
この言葉を見た瞬間、ユーザーは「これ広告かな…」と投稿への不信感を覚えると思います。
あくまでユーザーの「楽しい妄想」をお手伝いする。
そんな考え方がお客様の心を掴む近道ではないでしょうか?

*参照サイト:ファッションマーケティングジャーナル
http://fashionmarketingjournal.com/2016/05/trenders-snsdata.html




グローカルマーケティング株式会社
営業支援部 坂本 雄一

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/135-e99c129c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。