新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用


近年、動画活用が広まっています。
株式会社シードプランニングの調査では、日本における動画広告の市場規模は2013年から3年間で約5倍に拡大しており、動画活用の広がりはこうした数字でも表れています。

ネット上で「動画」と言えば真っ先に思いつくのがYouTube。
自社商品の動画をYouTubeにアップしてPRしているという方も多いと思いますが、視聴回数がなかなか増えず活用に困っている方はいらっしゃいませんか?
そんな方は、YouTubeの広告「True View」を検討してみるのも良いでしょう。


YouTubeで動画を視聴する際、再生前に広告が流れてくることがありますよね?
それがYouTubeを視聴している多数のユーザーに向けてのTrue Viewを活用したネット広告で、「インストリーム」という広告掲載の方法です。

インストリーム以外にも、「関連動画」として掲載される「インディスプレイ」動画検索時に表示される「インサーチ」といった多様な掲載方法があります。

True Viewは、視聴者の年齢や性別、地域や好み、曜日などを絞って配信することができます。
自社サイトに来たことがあるユーザーにだけ、動画広告を配信することや、広告をクリックした人を自社サイトに誘導することも可能です。
ダーゲットを絞って広告を出すことができ、また自社に興味を持ってくれた人をサイトに集めることができるので、費用対効果も高くなります。

True Viewのメリットは、「映像」という膨大な情報量によって商品をPRできる「広告」であるという点でしょう。
これまでは、「HPに動画を埋め込む」「YouTubeに動画を投稿する」など、いわゆる「待ち」の動画活用だったところを、True Viewを活用することによって「広告」という「攻め」の展開に転じることが可能となります。
また、「30秒以内であれば料金がかからない」など、True Viewはコスト面でも魅力的広告手法だと言えます。

「動画をより有効に活用したい」
そんな方はYouTube活用を一歩先に進めてみてはいかがでしょうか?


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 部長 野澤玄也












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/131-16b3a619

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。