新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用


昨年、新潟市は国家戦略特区の一つ「農業特区」として指定されました。
新潟市は、食と農の先進国オランダをお手本とした取り組み「ニューフードバレー」構想を推進し、農業に関する「生産・加工・販売」を一体的に、シームレスにつなげていくことを目的に、世界の「農業・食品産業」の最先端都市にすることを目指します。
農地の集約化、起業支援、農業生産法人の設立の要件緩和も進めており、大手コンビニエンスストアも参入してきています。

このように新潟の農業がこれから新たな進展へ動き出していますが、この動きと並行して、もう一つ注目していきたいのが「農業とITの融合」です。
以前IoTをテーマに書かせていただいたコラムでも、水田にセンサーを設置して、水温や水位などのデータをスマートフォンなどで確認できる水田管理の事例をご紹介いたしましたが、この他にも、今まで手作業でノートに書いていた作物の生育記録や農作業の記録をタブレットやスマートフォンから入力して自動集計してくれるシステムなど、新潟発のITシステムが研究・開発されています。全国でも多くのIT活用事例が紹介されています。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/it/itkanren.html
 (農林水産省 農山漁村におけるIT活用事例より)

こちらは、インターネットツールを使ったPRという点で、農業女子をテーマに農業をPRしています。
動画活用など少し切り口を変えた面白い事例ではないでしょうか。
http://nougyoujoshi.jp/
(農林水産省 農業女子PJ)

また、近年は農家さんが自発的に商品やサービスをPRするために魅力的なホームページを立ち上げフェイスブックやブログ、TwitterなどSNSを活用したり、オンラインショップを加えたりとインターネットツールを活用も広がってきていると感じます。
http://nouka-hp.com/
(農家のホームページより)

近頃、他県にも少し押され気味の新潟の農産物ですが、「農業特区」が一つの起爆剤となり、今一度新潟の魅力を対外的にPRできるチャンスが来ていると思います。
新しい技術やノウハウも取り入れながら、新潟農業のもう1UP(ワンアップ)を期待したいですし、当社としてもぜひお手伝いしていきたい分野です。

グローカルマーケティング(株) 渡辺 護












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/124-fd4bef5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。