新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用

このコーナーでは月に一度、グローカルマーケティングの新入社員滝沢、大崎が様々な媒体から話題の情報をピックアップし、トレンドの先駆けとなる情報をお伝えしていきます!

今回の担当は滝沢です。

1月22日の日経MJに掲載されていた「孫の笑顔で集客」という記事です。

三世代消費が注目されており、各社が様々な施策で集客に力を入れています。
どのような施策が効果的なのでしょうか?

――掲載記事―――――――――――――――――――――――――――――――――
商業施設各社が、孫をターゲットにした販促でシニア層の取り組みを強化している。
三菱地所リテールマネジメントが運営する商業施設「泉パークタウンタピオ」(仙台市)は、孫世代にぴったりのプレゼントを薦めるサービスを始めた。
孫へのプレゼントに悩むシニアの相談に乗る専門の販売員を育成する制度を創設し、シニア世代が満足する接客や販促を展開する。
このほか、孫への贈り物を購入したシニア向けに、オリジナルのメッセージカードと「チェキ」で写真撮影するサービスを打ち出す。
タピオが2014年に、来館者の世代別の平均消費金額を調査したところ、1年間で消費金額が最も多かった世代は、50代以上の女性だった。
マネジメントオフィス担当者は「消費金額が高い上に、孫への支出を惜しまない傾向がある」と話す。
東急モールズデベロップメントは、子ども向けイベントにはシニアが集まることから家族連れ利用が多い施設で、子ども向けのイベントを開催し3世代の取り込みを強化している。
特に高齢化が進む郊外型の施設はシニアの心をくすぐる販促を打ち出し、集客をテコ入れする。

関連リンク
http://www.hakuhodo-consulting.co.jp/blog/marketing/marketing_20151030/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お財布を誰が持っているかということが重要になってきます。

ランドセルを例に挙げてみると、ランドセルはおじいちゃんやおばあちゃんが孫へプレゼントすることが多いため、お盆休みの帰省時によく売れ、品数が一番多い時期だそうです。
実際に商品を使う人と購入する人が違う場合、記事に載っていた商業施設のように購入する人に向けたアプローチが重要なポイントになってきます。

また、孫のニーズとおじいちゃん、おばあちゃんのニーズの両方をとらえているサービスも注目されています。
ランドセルのようなお孫さんにプレゼントする商品は、孫が自分の好みのランドセルを選択してメールでおじいちゃん、おばあちゃんに送れる機能を備えた通販サイトもでてきています。
遠方に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんでも、孫の好みのランドセルを買うことができ、孫とコミュニケーションを取ることができるというわけです。

もちろん、その商品を使う人が満足する商品であるということが大前提です。
それに加えて、購入する人、選ぶ人も満足できる商品やプロモーションであることが、売り上げにつながるカギなのかもしれません。


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 滝沢彩












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/119-71fb4ed9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。