新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用

10月12日の日経MJに掲載されていた「現美新幹線」に関する記事です。

『上越で観光列車 相次ぐ』

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は上越エリアで観光列車のルートを増やし、2016年春から現代アートを車内に展示する「現美新幹線」を走らせる。
15年4月から古民家風の列車を運行しており、他の観光列車と乗り換える際の利便性も高めた。北陸新幹線の開業で埋没しがちな上越エリアへの観光客誘致につなげる。

関連リンク
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1510/08/news078.html
――――――――――――――――――――――――――――――
「現美新幹線」は、来年の春から越後湯沢~新潟駅間を運航します。新幹線の外観には長岡花火が描かれ、社内に展示される現代アートは7人の芸術家から提供される予定です。
また、車内にはカフェも併設され、コシヒカリなど新潟の特産品を使ったスイーツやツバメコーヒーなどが販売されます。
現美新幹線は、「新しい東日本エリアを発見・体験」をテーマに地域の活性化や観光客誘致を狙います。
近年、現美新幹線のような観光列車が各地で注目を集めています。
上越妙高~十日町駅間を運行する「越乃Shu*Kura」は日本酒をテーマにした観光列車です。
車内では新潟の日本酒や地元食材を使ったおつまみが楽しめます。
平均乗車率は9割と人気の高い列車です。
周辺の北陸新幹線からの乗り継ぎもできるので、周辺の観光施設と連携してスタンプラリーのイベントなど行い観光客を取り込んでいます。
九州を走る「ななつ星in九州」もとても人気の高い観光列車の1つです。
このななつ星は豪華寝台列車です。
1泊2日のコースはおひとり25万円~と決して安くはないですが、その希少性、プレミアム感から来年の4月まで満席です。
観光列車は周辺地域に様々な経済効果をもたらしています。宮崎県にある道の駅「つの」では、ななつ星で提供されている野菜と同じものを購入することができます。
そのため、ここには、「ななつ星にはなかなか乗れないが、同じ野菜を食べてみたい」と多くの人が訪れます。
道の駅「つの」は、年間50万人の来客数を目標としていましたが、オープンから2年間で150万人以上が訪れました。
売上も想定の120%と好調です。
列車は移動手段として利用されていましたが、現在では列車に乗ることを目的に観光客が集まります。
このように、観光地だけでなく、移動も楽しみたいというニーズが高まっているのかもしれません。
周辺地域は観光列車とうまく連携を取り、観光列車で誘致した観光客をうまく取り組むことができれば地域活性にもつながります。
地域が活性化されるとさらに観光客が増え、良い循環が生まれるのではないでしょうか。
観光列車は、地域を潤す起爆剤として期待できると思います。


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 滝沢 彩












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/111-cfb4ed0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。