新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用

月に一度、グローカルマーケティングの新入社員滝沢・大崎が様々な媒体から、話題の情報をピックアップし、トレンドの先駆けとなる情報をお伝えしていきます!

今回注目したのは、9月7日の日経MJに掲載されていた「ECサイトorigami」に関する記事です。

「『私だけの通販』 SNS機能付きECサイトorigami 」

好きなブランドを集めて自分だけのセレクトショップをつくれる電子商取引サイトアプリ「origami(オリガミ)」に大手ブランドや小売店が相次いで出店している。ECとSNSが一体化した珍しいアプリで、好きなブランドや店をフォローすると個人ページのタイムライン上に自動で口コミ情報が配信される。気に入った商品には「いいね!」をつけることもでき、使うほどアプリが好みを学習し、その人に適した情報を流す。複数のブランドや店をフォローして自分好みのセレクトショップをつくる感覚で楽しむことができる。

「origami オリガミ」
http://origami.co/

「origami」ではfacebookのようにタイムライン上に、自分のフォローしたお店の商品画像と文章の投稿が表示されます。ファッション雑誌のようなお洒落な画像、そのうえ自分好みのお店の商品が並んでいるため、隙間時間にタイムラインを見ているだけでも楽しいですし、見ているうちについついあれもこれもと欲しくなってしまいます。チェックイン機能もついており、フォロワーが今いる店舗でチェックインし、「こんなアイテムが売っていた」とアップすると、それを見たユーザーが店舗にリンクに飛んで、アプリ上で商品を購入するといったことも可能なため、実店舗と連動してのクチコミ効果も期待できます。

このサービスのようにSNS、ブログ、簡易ブログなどのソーシャルメディアと電子商取引を組み合わせて販売を促進するマーケティング手法をソーシャルコマースといいます。従来のECサイトでは多くの場合、欲しい商品を検索して購入すると思いますが、ソーシャルコマースではタイムライン上に流れてくる、お店の情報や友達からの共有で出会った思いがけない商品を購入するといったケースがほとんどです。
SNS上で簡単に自分好みの商品情報を知ることができるので、消費者は買い物の選択肢が広がり、販売側から見ると商品の露出の機会が増えることで、今までお店やブランドについて知らなかった人にも購入してもらえる可能性が生まれる為、両者にメリットがあります。

ソーシャルコマースとは
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/keyword/14/463081/120900018/

せっかく魅力的な商品を作っても、その商品の認知が広がらなければ売れません。
今回紹介した「origami」に限らなくても、商品を多くの方に知っていただく為のツールとしてSNSを活用してみてはいかがでしょうか。
もちろんただSNSで情報発信すればよいというわけではありません。より拡散しやすい投稿にするために商品の魅せ方にも工夫が必要です。
「origami」を見ていると魅力的な投稿がたくさん掲載されております。商品の魅力をどのようにSNSで伝えるか、どんな投稿だと「いいね!」をつけたくなるのか。自分好みのお店の投稿を参考にしてみてもいいかもしれないですね。


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 大崎 美和子












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://glocalmarketing.blog.fc2.com/tb.php/107-f0780a06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。