新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コラムフェイスブック用


突然ですが皆さんにご質問です。
新潟市民は牛肉と豚肉、どちらを多く購入しているでしょうか?

こんな調査結果があります。
総務省が調査した結果によると、新潟市の「牛肉」に対する年間支出額・消費量はともに全国のなかで最下位。
逆に、「豚肉」は年間支出額で全国7位、年間消費量で全国5位という結果が出ています。
もしかしたら新潟市民は牛肉よりも豚肉好きなのかもしれません。

このような統計情報は、ネット上から簡単にアクセスすることができ、無料で閲覧・利用することが可能です。
本日は、「今日から使える統計情報活用術」というテーマで、様々な統計情報をご紹介いたします。

皆さんも「家計調査」という言葉を耳にされたことがあると思います。
家計調査は、国民の家計収支を把握するために、総務省が毎月実施している調査です。
先に挙げた「牛肉と豚肉の年間支出額と消費量」の調査結果は、家計調査を基に平成26年~28年のあいだ全国の都道府県庁所在地と政令指定都市において、品目別に年間支出額・消費量を集計して算出されています。

ちなみに、日本酒で有名な新潟県ですが、新潟市では「清酒」の年間支出金額・消費量ともに全国1位、「酒類」全体で見ても2位の盛岡市に3,000円以上の差をつけて1位となっています。
同時に、「発泡酒・ビール風アルコール飲料」は年間支出金額・消費量ともに全国2位。
新潟限定のビールが販売されたのもこのような背景があったからかもしれませんね。

■総務省 家計調査 「品目別都道府県庁所在地及び政令指定都市ランキング」
http://www.stat.go.jp/data/kakei/5.htm

このような「既に公開されている統計データ」のことを「二次データ」や「オープンデータ」と呼び、多くの統計データがネット上に無料で公開されています。
こうしたオープンデータは、市場環境を把握する、販売戦略を検討するといった際に有効に活用することができます。
以下にオススメのオープンデータをご紹介いたします。

■「地域の人口や世帯数など、基本的な商圏情報が知りたい」
・総務省「国勢調査」
国内の人口・世帯数の把握を目的に、5年に1度実施されています。
直近は平成27年のデータで、都道府県別に人口・世帯数のほか、住宅環境や同居する家族構成などの情報も閲覧可能です。
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/index.htm

■「どのような商品にいくら支出しているのか知りたい」
・総務省「家計調査」
国民生活の家計収支を把握するため、毎月実施される調査です。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/index.htm
・総務省「消費実態調査」
家計収支、貯蓄、負債、住宅資産などを把握するために5年に1度実施されます。
直近は平成26年のデータで、都道府県別や地域別での集計結果も閲覧可能です。
http://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/index.htm

■「業界の動向、市場規模、商品やサービスの販売額について知りたい」
・経済産業省「商業統計」など経済活動に関する各種データ
事業所数や売上高などの統計を閲覧できます。業界別の市場規模や商品やサービス別の販売額の把握に役立ちます。
http://www.meti.go.jp/statistics/index.html

上記のように国が行う調査や統計情報については、「e-stat」と呼ばれるポータルサイトでまとまっています。

■「国が行う統計情報をまとめて調べるのにオススメ」
・政府統計の総合窓口「e-stat」
https://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
国が行う各種調査の統計データをまとめたポータルサイトで、閲覧するだけでなく統計データをダウンロードすることも可能です。
「いろんなデータがあって混乱する・・・」という方は、e-statから必要なデータを見つけていくのがオススメです。

また、各都道府県、市町村の人口・世帯数・産業などのデータをまとめ、WEB上で分析する「RESAS」というシステムもあります。
「折り込みチラシの配布エリアを再検討したい」
「新たに出店する場所の商圏状況について把握したい」
そんな際に活用できます。

■「Excelだけだとわかりづらい・・・。」そんな方は、地域や商圏の情報をわかりやすく表示する分析システムがオススメ
・RESAS
人口、世帯数、産業、企業活動などのデータを県単位・市町村単位でマップ上に表示してくれます。
https://resas.go.jp/#/13/13101
・j STAT MAP
国勢調査のデータを基に、地図上に年代別や性別でどの程度人口が分布しているかを表示してくれます。
利用するには無料の利用申し込みが必要ですが、マップ上に情報が表示されるためデータをビジュアルで閲覧できるのがオススメポイントです。
https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

■「海外向けに商品を販売したい」という方にオススメ
・JETRO
輸出や輸入に関する各種調査結果を無料で閲覧することができます。
国別・商品別によるレポート、現地の消費環境のレポートなど、豊富な調査データを閲覧できます。
「海外の方向けに商品を販売したい」とお考えの方にオススメです。
https://www.jetro.go.jp/

このように、様々な統計データがネット上に無料で公開されています。
皆さんも是非このような統計データを活用してみてはいかがでしょうか?

5月の新潟マーケティング大学定例講座では、様々な調査手法とともに収集したデータの活用法をわかりやすくお伝えいたします。
この機会に、ぜひご参加ください。
http://www.niigata-marketing.com/regular/_1197.html


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 部長 野澤玄也
スポンサーサイト
つい先日、Instagramで新しいお客様との出会いがありました。
当社が福島県に事務所を構えることになり、その準備で郡山市に出張に行った時のこと。
郡山は温泉が多いんです。事務所の近くにも何件か温泉があったので、せっかくの機会に…と行ってきました。
その温泉への訪問がきっかけで、新たなお客様との繋がりが生まれました。

「せっかくの県外、温泉へ行ったことをPRしたい!」
そんな考えから、自身のInstagramに温泉の入口写真を投稿しました。
夜だったのであまりキレイには写らなかったのですが、知り合いに見せるくらいだったら良いだろう…そう思い、対して加工もせずに投稿しました。

そうしたところ、全然知らない人たちからの「イイネ!」という反応が10件弱、一気に届きました。
「一体、この人たちは誰なんだろう…」と思って内訳を見てみると、ほとんどが郡山在住か、郡山にゆかりがある人たちでした。
この反応、温泉の入口の写真に「#郡山」と地名をハッシュタグに使って投稿したので、もしかしたらそれでヒットした人たちなのか…?と推測しました。

ハッシュタグとは、簡単に言うと、検索用キーワードのことです。
Instagramでは写真に「#」(半角のシャープ記号)から始まる単語を入力するとハッシュタグになり、同じハッシュタグが付いた写真とつながったり、ハッシュタグで検索した人に写真を見つけてもらえたりします。

反応の中で一件、事務所の近くの美容室からの反応が届いていたので、翌日ハッシュタグに反応してくださったのか、確かめに行ってきました。
お店に入って事情を説明すると「インスタグラムからお客さんが来てくれることは増えてきているけど、飛び込みで営業さんが来たのは初めてだよ」と苦笑いしつつも、写真を見つけた経緯を説明してくれました
「“#郡山”で探して、気になった投稿には反応するようにしてるんです」
「あそこの温泉好きだから、思わずイイネ!しちゃいました」
などなど、おおよそ私の予想は当たっていたようでした。
最後は「郡山だとこのフリーペーパーが流行ってるんだよ」などなど、現地の情報まで教えてくださり、とても良い出会いとなれました。

私はそのお店を全く知らない状態から、Instagramをきっかけにお店を訪問することに繋がりました。
兼ねてから「Instagramが集客ツールとしての活用できそうだ」と紹介していましたが、いよいよハッシュタグを活用したマーケティングが市場に浸透してきたように思いました。
ぜひInstagramを活用されている方は、自分達のお客さんが使っているハッシュタグが何なのか、投稿を調べてみてください。
個人的には「#地名」が、地域で商売されているお店さんに非常にオススメのハッシュタグだと感じています。
投稿にひと手間加えるだけで、新しいお客様との出会いが生まれるかもしれません。


グローカルマーケティング株式会社
営業支援部 坂本雄一
コラムフェイスブック用


「WEB接客」という言葉を聞いたことはありますか?

接客と聞くとお店で店員さんがお客様に対面で対応することをイメージするかと思いますが、「WEB接客」はオンライン上でこれを実現することを言います。

例えば、オンラインショップで気になった商品を見ている時に画面上に関連クーポンが表示されたり、ホームページ上で疑問に答えてくれるチャットサービスなど見たことないでしょうか。
これが「WEB接客」にあたります。


30代の女性をメイン顧客に展開するレディースファッションサイト「FABIA(ファビア)」ではオンラインショップ上に設置されたバナーをクリックするとチャット画面が表示され、そこでユーザーからの質問に対応しています。

インターネットで洋服を購入する際、気になるのがサイズ展開や配送料、返品についてです。
気になる商品があってもサイズ展開や配送料などがわかりにくいと購入しようとは思いませんし、よくある質問ページやお問合せフォームはあっても、自分の気になる情報をすぐに探したい場合、これらを使って調べるのは面倒くさいと思う方も多いかと思います。
ホームページやオンラインショップでは少しでも「面倒くさい」と思われるようなことがあると商品を買ってはくれません。
しかしFABIA(ファビア)ではこのようなユーザーの疑問はホームページ上にあるチャットサービスですぐに解決できます。


他にもFABIA(ファビア)ではユーザーの閲覧履歴などをもとにその人に合ったキャンペーン・セール情報を画面上にポップアップで表示しています。
お気に入りの商品が見つかるようにユーザーに様々な提案を行ったり、疑問に答えたり、まさにお店の店員の様なサービスを行っています。


FABIA(ファビア)
http://www.fabia.jp/

今までホームページやオンラインショップではすべての人に同じ情報を発信することがメインでしたが、「WEB接客」ではお客様ひとりひとりに、その人の求める情報を提供します。
質問に答えたり、商品やクーポンを紹介することで商品の購入やお客様の満足度の向上につながります。

オンラインショップを運営しているとどれくらいページにお客様を集客できているかにとらわれがちになってしまうと思います。
しかし、せっかくSEO対策やWEB広告などでお金をかけてホームページに集客しても、購入してもらえなければ意味はありません。
サイトに来てくれた方に商品を購入してもらうために、お客様ひとりひとりに合ったサービスを提供する「接客」が求められています。


グローカルマーケティング株式会社
クリエイティブセンター ディレクター 大崎美和子

---------------------------------------------------------------------------

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

---------------------------------------------------------------------------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。