新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気が付けば12月26日。今年も1年が終わろうとしています。
明日27日が仕事納めという方も少なくないのではないでしょうか。
かくいうこのマーケティングコラムも本日が今年最後の回となります。

今年も実にいろいろなことがありましたね。“アベノミクス”にはじまり消費税増税が決定、富士山や和食の世界遺産登録、東京五輪招致決定など世界的なニュースも飛び込んできました。

さて一方で我らが新潟県に目を移してみるとどうでしょうか。
新潟市では新潟日報メディアシップがオープンし、長岡ではフェニックス大橋が開通しましたね。また、十日町の「移住女子」がメディアで大きく取り上げられ、東京五輪招致に際しては、小千谷縮の五輪ユニフォーム採用に向けた活動や、
燕市洋食器の五輪選手村採用をめざした活動も始まりました。
新潟県民が一つになって応援した、なぎ君の手術も無事に成功しましたね。
つい先日に発表された日刊工業新聞主催の優秀経営者顕彰では、スノーピークの山井社長が見事に最優秀経営者賞に輝きました。

日本という大きな潮流から足元の新潟県に目を移しみても、様々な動きや変化があった1年だったのではないでしょうか。
「何にも変わらない」と嘆くのではなく、私たちの行動一つ一つに対して確実に変化は訪れると信じたいですね。

私たちが住む新潟県がより良い地域となるよう、様々な活動が“うねり”となって広がっていけるよう、当社も「マーケティング」を通して新潟県内に真に価値ある活動を来年も続けていきたいと思います。
もちろん、来年以降もこちらのコラムから皆さんのビジネスに有益な情報をお届けしていきたいと思います。

皆さんにとって今年一年はどのような年でしたでしょうか。
来年も素敵な1年になると良いですね。
2014年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


グローカルマーケティング(株)野澤 玄也

---------------------------------------------------------------
◇新潟マーケティング大学定例講座のご案内◇
1月のテーマは

【ファミリー層の心をつかむ極意】

様々な要因で変化するママのニーズをつかみ、関係を築くための極意をお伝えします。
トキっ子くらぶを運営するグローカルマーケティングが、ママ会員の要望に応える中で試行錯誤しながら学んだ実践的なノウハウを、事例をもとに解説します。
ファミリー層をターゲットとする企業・店舗の方にオススメの講座です。

<お申込み・詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M185899&c=2970&d=fd50
---------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
fb131225.png


仕事で成果をあげるためには、データ分析を行ってしかるべき対応を講じる、ということが必要不可欠です。
こういったことに取り組んでいない企業はないと言っても過言ではないのでしょうか。
では、皆様はどのようなプロセスでデータ分析を行い、対策を考えていらっしゃるでしょうか?
今回はある小売店の事例をあげますので是非一度考えてみてください。


Aさんがあるお店での売上データを分析していたところ、雨の日はお菓子の売上が下がるという傾向を発見しました。
そのため、「雨の日はお菓子の販売を強化しなければいけませんね」と上司であるBさんに相談しました。

BさんはAさんに対して、「対策はちゃんと考えて行わなければならないよ」とアドバイスをしました。
するとAさんは、「ちゃんと考えるって、どういうことですか?」と質問しました。

あなたが上司であるBさんならば、部下のAさんにどのようにアドバイスをするでしょうか。
少し考えてみてください。


さて、どうでしょうか。
「真剣に、本気になって考えることだ」と言うでしょうか。

「時間をかけて丁寧に考えることだ」とアドバイスするでしょうか。

マーケティングに関しては、必ずしも【正解】と言えることが無いかもしれませんが、ここでの妥当な考え方は、

プロセスを分析することで、どこに問題があるのか明確にして適切な打ち手を打つようにすることだと思います。

売上は下記の式で求められます。
売上 = 単価 × 販売個数
これを細分化すると、
売上 = 単価 × 来客数 × 購入率
となります。

雨の日だけ売上が下がるのであれば単価が影響しているとは考えにくいでしょう。
(もちろん、競合店が雨の日セールなどをやっていれば十分に影響しますが、今回のケースでは外部要因は考えないものとします)

つまり、来客数か購入率のどちらかに問題があると言えます。
例えば、「雨の日は荷物を極力減らしたいので嗜好品のお菓子は買いたくない」という心理から購入率が下がっているかもしれません。
そうだとすると、雨の日は宅配サービスを強化する、などの対策を講じることで売上を上げることが出来るかもしれません。

今回の例のように、どこに問題があり、その理由は何で、どのように対策を打っていくのか考えることが、「ちゃんと考える」ということになります。

一見当たり前のことではありますが、今一度考えなおしてみるきっかけになればと思います。


グローカルマーケティング(株)遠藤 頑太

---------------------------------------------------------------
▼△▼新潟マーケティング大学定例講座▼△▼
1月のテーマは
【ファミリー層の心をつかむ極意】
子育て世帯は今、何を求めているのか?
ファミリー層を集客しファンになってもらうには?

にいがた子育て応援団『トキっ子くらぶ』を運営する
グローカルマーケティングだからこそ、お伝えできる実践的な
ノウハウを事例をもとに解説します。

<お申込み・詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M183554&c=2970&d=fd50
---------------------------------------------------------------
◇◆◇トキっ子くらぶからのご案内◇◆◇

新潟県の子育て世帯34,000世帯に貴社のチラシを直送しませんか?
積極的に情報収集するママたちにアプローチ可能!
【エリア選定可】【学齢選定可】【アパートマンション世帯のみへの送付可】
トキっ子くらぶ会員証と一緒に送付するので、開封率100%!

<詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M183555&c=2970&d=fd50
※封入上限がございますのでお早めにお問合せください。
---------------------------------------------------------------
281578230_73765a8373.jpg


飲食店への電話開拓営業をしていたときのこと。

お会いしたことがない方への電話アプローチとはいえ、丁寧に対応してくださる方も多く「少しでもお役に立ちたい」という気持ちも大きくなるのが営業のモチベーションなのですが、こういった営業活動を通じてお客様への態度と営業電話対応のギャップに戸惑うことがあります。

その事例のひとつをご紹介します。
私は友人の間でも好評で、ずっと行きたいと思っていたお店に営業電話をかけました。

お店:「お電話ありがとうございます。○○の○○です。」
玉木:「グローカルマーケティングの玉木と申します。初めてご連絡させていただきました。貴社の情報をWEBサイト上で・・・」
お店:「あ~いらないです」ガチャ

すぐに営業の電話とわかったのか内容も聞かずに早々に切られてしまいました。
「ずっと行ってみたかったお店だけど、こんな対応なら行きたくないな・・・」
そう思ってしまいました。

企業やお店には様々な営業電話がかかってくると思います。
必要のない電話も多くあると思います。
でも、もしかしたらその営業電話をかけている人は、あなたのお客様かもしれません。
今はお客様じゃなくても未来のお客様かもしれません。

お店側にとって、忙しい中、見知らぬ会社の営業から突然電話がくるのは迷惑だという方も多いでしょう。
とはいえ、あまりにも思いやりのない対応をされてしまうと、営業担当はその企業・お店に悪いイメージを抱いてしまいます。
そしてそれは悪いクチコミにつながりかねません。

反対に、お断りをするときも思いやりを持って接すれば、この営業担当にはお店の良いイメージが残り、良いクチコミも起こるのではないでしょうか。
電話対応は相手の表情が見えないため、誤解を生むことも多々あります。

「忙しいときでも、思いやりを持ってお断りする」

これを見直すことで、自社のファンが増えるきっかけを生むことができるのではないでしょうか。


グローカルマーケティング(株)玉木 南

---------------------------------------------------------------
▼△▼新潟マーケティング大学定例講座▼△▼
1月のテーマは
【ファミリー層の心をつかむ極意】
子育て世帯は今、何を求めているのか?
ファミリー層を集客しファンになってもらうには?

にいがた子育て応援団『トキっ子くらぶ』を運営する
グローカルマーケティングだからこそ、お伝えできる実践的な
ノウハウを事例をもとに解説します。

<お申込み・詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M181864&c=2970&d=fd50
---------------------------------------------------------------
◇◆◇トキっ子くらぶからのご案内◇◆◇

新潟県の子育て世帯34,000世帯に貴社のチラシを直送しませんか?
積極的に情報収集するママたちにアプローチ可能!
【エリア選定可】【学齢選定可】【アパートマンション世帯のみへの送付可】
トキっ子くらぶ会員証と一緒に送付するので、開封率100%!

<詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M181865&c=2970&d=fd50
※封入上限がございますのでお早めにお問合せください。
---------------------------------------------------------------
10226214024_cfa0a19386.jpg


先月、三条市と燕市の全域で企業が一斉に工場を開放し、ものづくりが体感できる「燕三条 工場(こうば)の祭典」というイベントが開催されました。
燕三条の洋食器と金物の製造は世界的にも有名で、国内で作られる金属洋食器の90%以上のシェアをもっています。
普段は立ち入ることができない『ものづくり』の生の現場を見学し、体験できるということで、開催期間5日間で県内外から1万人以上が来場されたそうです。

開催されたイベント詳細↓
http://kouba-fes.jp/about/


私もいくつか工場を見学したのですが、ものづくりに真摯に取り組む職人さんにお会いしたり作業場を間近で見て、直接会話をすることができました。
剃刀を作られている鍛冶屋さんは、「受け継がれたやり方、ほとんど手作業なので、作れるのは1日1本くらいです」「外国からも注文がくるんですよ」とおっしゃっていました。
まるでタイムスリップしたかのような作業場を拝見し、会話をすることで、職人さんの『ものづくり』に対する信念や自信、熱い想いが、より一層リアルに、空気感と共に伝ってきて、その商品の価値を改めて感じました。

『ものづくり』にとって「高い技術力による品質」はもちろん重要ですが、職人さんや製造現場での商品に対する「熱い情熱」や「想い」も商品の本質にあるのだと思います。
この「品質」と「本質」をどれだけ多くの方に、ストレートに、魅力的に伝えられるかが、燕三条地域の地場産業発展の大きなポイントになっています。

今まで閉ざされていた製造現場をオープンにしたことで、製造現場と顧客との距離が縮って、顧客の関心度や認知度は深まり、製造業者のモチベーションも上がるという相乗効果に繋がっています。
また、工場を目の当たりにして履歴書を書いてきた若者も現れるなど、雇用や後継者の問題にも効果が見られたようです。

大量生産、効率化、低価格化といった時代の中で、自分達の強みを活かして生きていく強さを体感できました。工場(こうば)は本当に熱かった!

グローカルマーケティング(株)渡辺

---------------------------------------------------------------
▼△▼新潟マーケティング大学定例講座▼△▼
1月のテーマは
【ファミリー層の心をつかむ極意】
子育て世帯は今、何を求めているのか?
ファミリー層を集客しファンになってもらうには?

にいがた子育て応援団『トキっ子くらぶ』を運営する
グローカルマーケティングだからこそ、お伝えできる実践的な
ノウハウを事例をもとに解説します。

<お申込み・詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M181864&c=2970&d=fd50
---------------------------------------------------------------
◇◆◇トキっ子くらぶからのご案内◇◆◇

新潟県の子育て世帯34,000世帯に貴社のチラシを直送しませんか?
積極的に情報収集するママたちにアプローチ可能!
【エリア選定可】【学齢選定可】【アパートマンション世帯のみへの送付可】
トキっ子くらぶ会員証と一緒に送付するので、開封率100%!

<詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M181865&c=2970&d=fd50
※封入上限がございますのでお早めにお問合せください。
---------------------------------------------------------------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。