新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

fb_131121_1.jpg


先日、新潟市で行われたアニメイベント「がたふぇす」の中で興味深い取り組みがありましたのでご紹介したいと思います。
古町5番町商店街が行った「萌えキャラプロジェクト」です。

これは商店街にある店舗・商品をイメージした美少女キャラクターを作成し、そのキャラクターのパネルを店頭に設置したり、
指定された商品を購入すると萌えキャラのカードが貰えるという取り組みです。

※実際の写真はこちら
fb_131121_2.jpg




萌えキャラという付加価値を付けることで、集まったお客さんに興味を持ってもらい、商品の購入に繋げようという狙いです。
ちなみに全店舗のカードを集めるとレアカードが貰えるというコレクター心をくすぐるサービスでもあったようです。

この取り組みはテレビでも取り上げられ、大きな反響がありました。
今後はこれを商品化する動きもあるようです。

こういった商品の擬人化については大手企業でもちょっとしたブームになっており、「雪印コーヒー」や「CCレモン」などが擬人化したキャラクターを募集するキャンペーンを行っております。

http://www.yukicocp.com/
http://www.suntory.co.jp/softdrink/spcontents/pixiv/

自社の商品に萌えキャラを付けるなんて...と抵抗がある方もいるかもしれません。
マーケティングでは商品そのものを売る方法を「プロダクト・セリング(製品志向型販売)」、付加価値やその商品のサービスで得られる成果や体験を売る方法を「バリューセリング(価値訴求型販売)」と言います。

書籍「100円のコーラを1000円で売る方法」に分かりやすい事例がありましたのでご紹介します。
たとえば1本のコーラを売る場合、プロダクトセリングの考え方では、販売場所はたくさん人が訪れるスーパーマーケットなどになる。
となると同業他社も多く、価格競争に巻き込まれてしまう。
本来100円で販売するはずのコーラを数十円程度で提供しなくてはならない場合も出てきます。

一方、バリューセリングは、高級ホテルなどを販売場所に選び、心地よい環境で最高の状態で飲む“体験”の提供を目的にする。
つまりコーラを安く売るのではなく、付加価値を加えることに力を注ぎます。
だからこそ同じ商品でありながら、高級ホテルでは1000円でも売ることができるのです。

日本の企業はどうしてもプロダクト・セリングに偏ってしまいますが、競合が多く、製品の差別化が難しい市場では「バリューセリング」を基準とした販売方法を考えてみるのも良いかもしれません。

グローカルマーケティング 松岡


Photo from:せなみおんせん

-----------------------------------------------
◆◇◆新潟マーケティング大学定例講座◆◇◆

いよいよ来週になりました。お申込み、まだ間に合います!
《消費税増税を前に改めて考える価格戦略》
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M176219&c=2970&d=fd50

今月は、有限責任監査法人トーマツ様より公認会計士の先生をゲストに
お迎えして、価格戦略について詳しくお伝えします!

【新潟会場】
11月25日(月) 19:00~21:00
新潟ユニゾンプラザ小研修室2

【長岡会場】
11月26日(火) 19:00~21:00
まちなかキャンパス長岡302会議室各会場

【講座内容】
・消費税増税前に今こそ「価格」を見直そう
・マーケティングにおける「価格戦略」の基礎知識
・「価値を上げて価格を上げる」ための方策
・消費者の心理を捉えた価格設定(プレミアムプライシングなど)
価格戦略の立て方、価格設定の手法など、「価格」について徹底的に
解説していきます。

<お申込はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M176220&c=2970&d=fd50

-----------------------------------------------
◆ネットを活用した営業・新規顧客獲得セミナー無料開催のご案内◆

製造業の皆さま、どのように新規顧客を獲得していますか?
「営業担当者がいない」「売上のほとんどが既存客で今後が心配」
「営業先が全国のため全てを回りきれない」当社でも色々とお悩みをお聞きします。

今回はそのような企業様のために、上記セミナーを無料で開催いたします!

営業がいなくても自動的に新規顧客を全国から集めてくるネットの仕組み
づくりや当社が持っているWEBマーケティングのノウハウを全て公開いたします!

【講座内容】
・製造業ネット活用の現状
・活用できるネットツールの紹介
・ネットとリアルを連動させた仕組み
・「売れる仕組み」戦略づくり
・製造業のネット活用成功事例

【日時】12月2日(月)13:30~16:30
【会場】県央リサーチコア6F 研修室1
【定員】30名【参加費】無料

<お申込み・詳細はこちら>
http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M176221&c=2970&d=fd50

-----------------------------------------------
安倍首相が消費税8%への増税を発表して以来、小売業や流通業各社は消費税増税後の価格表示について様々な見解を示しています。

例えば、日本チェーンストア協会は『「本体価格」を基本とする』という見解を示していますが、一方で日本百貨店協会では『「本体価格」(税抜価格)のみの表示と「総額表示」(税込価格)を併用する』という立場をとっています。
また、スーパーのカスミでは、今月5日に「『本体価格』での表示とするが、可能な限り『総額表示』に努める」と発表しました。

消費税増税に関する価格表示の見解については各社それぞれですが、全体的にみるとやはり『「本体価格」と「総額表示」の併記』という立場が多いように見受けられます。

そんななか、今月8日の日経MJには、大手婦人服チェーンのしまむらが「これまで通り『総額表示』を維持する」と発表したことが載っていました。
同じ商品だとしても税込価格を現状通り据え置くため、来年4月の増税後は実質的な「値下げ」になります。
にもかかわらず、しまむらはお客様の根強い「価格志向」に対応するため、これまで通りの「総額表示」で統一するとしています。

お客様にとっては、「しまむら」のようにこれまで通り変わらず「総額表示」がありがたいでしょうが、百貨店などは仕入れ関係やメーカーとの関係により、一律「総額表示」がなかなか難しいようですね。

私たち消費者としては、「消費税増税」と聞くと「支出がかさむなぁ…。」という感覚が強くあります。
しかし、売り手側は「お客様の混乱をどうやって最低限に抑えるか」「消費の冷え込みをどうやって避けるか」など、現在も悩み多きことなのかなと感じます。

こうして考えてみると、私たちが普段「価格」について考える機会が少ないことを実感してしまいます。
私たちは「どのように売るか」「どのようにお客様へ伝えるか」など、販売促進や営業活動については常日頃から考えます。
しかし、お客様から商品・サービスの対価としていただく「価格」についても、販売・営業面と同様に深く考えるべきだと改めて考えさせられますよね。

新潟マーケティング大学の11月定例講座では、「価格」をメインテーマとし、今一度「価格」を考え直す場をご提供します。
ご興味のある方は、以下のURLから是非お気軽にお申込み下さい。

http://a00.hm-f.jp/cc.php?t=M174270&c=2970&d=fd50