新潟で働く人のためのマーケティング ブログ

コラムフェイスブック用


2016年11月17日にジャドマ通販研究所より“県民通販大調査”が発表されました。
年間の通販利用額や利用頻度、スマホでの通販利用率など、興味深いデータが公開されたこのランキング。
さて、新潟県民の通販利用状況はどうなっているでしょうか。

この調査は全国の20代から60代、および直近1年間で通販を利用したことがある男女1万人(各県200人ずつ、一部人口が多い都道府県は300人)へのアンケート調査を元に算出されています。
新潟県の通販利用状況ですが、調査結果は下記の通りでした。

○1年間の通販利用金額:第31位 82,363円(全国平均88,379円)
○通販でのギフト購入経験率:45位 40.5%(全国平均 46.4%)
○ネット通販でのスマホ利用率:34位 21.8%(全国平均28.0%)

全体的に全国平均と比べて低い数値となっています。
特にギフト購入経験率は全国45位となっていました!
あくまで仮説ですが、県内には魅力的な商品とそれを購入できるお店が多いので、通販に頼らなくてもよく、結果として数値が低くなったのではないでしょうか。
また、通販利用状況の中で新潟県が他県より高い数値が一つありました。

○PCでのEC利用率が高い都道府県ランキング:第5位 76.9%(全国平均68.0%)
※ECはインターネットショッピングサイトを指します

なんと第5位!新潟も上位に食い込みました!
ちなみにPCでのEC利用率1位は北海道。
スマホで通販を利用する方は南(沖縄や九州)に多く、北に行くほどPCでの利用率が高くなっていました。
この結果について、県民性研究の第一人者である矢野新一氏によると、
“北海道や地方都市の人達は何事にも几帳面、特に支払いなどについてはキチンとしているため、スマホよりもパソコンを利用していると思われる”と述べています。

調査結果を読み解くと、各地域の県民性や特色を知ることができます。
WEBサイトを運用している方はもちろん、お土産品やギフトを取り扱っている皆さまにもオススメの調査です。
広告づくりや広告設計にぜひ参考にしてください。

ちなみに、今年の新潟マーケティングカンファレンスには、ネットショップ担当者フォーラムの編集長である瀧川正実氏をお呼びしております。
ECサイトのご担当者様は必聴の講座となっておりますので、皆さま奮ってご参加下さい。

参考サイト
・県民通販大調査
https://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/
・ネットショップ担当者フォーラム 11月18日付記事
https://netshop.impress.co.jp/node/3682


グローカルマーケティング株式会社
営業支援部 坂本 雄一
コラムフェイスブック用


いつのまにか今年も残り1か月半になりましたね。
2016年も様々なテーマでコラムを書いてきましたが、新潟で働く人のためのマーケティングコラムは皆様のビジネスのお役に立てておりますでしょうか。
当社ではマーケティングノウハウをお伝えする場として、こちらのコラムを運用しております。
日々の業務からネタを見つけることもあれば、マーケティングに関する書籍やセミナーからネタを持ってくることもよくあります。

ノウハウを学ぶため当社では様々なセミナーへの参加を積極的に行っており、私も先月は東京でおこなわれた「Web&デジタルマーケティングEXPO」へ参加してきました。


▼「Web&デジタルマーケティングEXPO」
http://www.web-mo.jp/

「Web&デジタルマーケティングEXPO」はWeb・デジタル マーケティングに関するソリューションを一堂に集めた専門展です。
そこでWEB広告や解析ツール、マーケティングオートメーションの最新サービスをいろいろお聞きして刺激を受けたのと同時に、新潟にも取り入れたい情報が多くありました。
新潟ではなかなか最新トレンドを知る機会が少なく、すぐに東京に追いつくのは難しいとは思いますが、より多くの企業様・店舗様にWEBを活用して頂けるよう、自らの学びの機会を増やしていき、ノウハウをお伝えする機会を増やして行く必要性を感じた東京出張でした。

「新潟の企業様に最新トレンドをお伝えする。」その取り組みの一つとして、当社では12月8日(木)に「新潟マーケティングカンファレンス」というイベントを開催致します。
こちらは様々な分野の専門家をお呼びして、マーケティングのトレンド・手法を学んでいただくという企画になります。
当企画ではWEBマーケティング・SEO対策・クラウド活用・ネットショップ運用などWEB活用に関するテーマをいくつかご用意しております。
中でも、特に私がオススメするのは「ネットショップ担当者フォーラム」編集長の瀧川氏による「売れている独自ドメインサイトがやっている100のこと」というセミナーです。
▼ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/
▼過去のオススメ記事
CPM分析って何なの?使うことで通販事業者にどんなメリットがあるの?
https://netshop.impress.co.jp/node/3590
売れる商品ページと人気のインスタグラム投稿は似ているかもしれない。ECサイトのインスタ活用法。
https://netshop.impress.co.jp/node/3634
LINEのEC活用法を教えます! ネット通販4社が効果、コスト、手間など運用面を大公開
https://netshop.impress.co.jp/node/3603

「ネットショップ担当者フォーラム」とはネットショップ運用のノウハウに関する記事をまとめた情報サイトです。
インタビュー取材などで生の声・データをもとに記事を書かれていて、記事を読むだけでも非常に為になります。
今回のセミナーでは今まで蓄積してきたなかから、より実践的な100の手法を教えていただきます。
「東京に行かなくても、トレンドノウハウを学べる」数少ない機会だと思いますので、12月8日はぜひ「マーケティング」について1日たっぷり学びにいらしてください。


グローカルマーケティング株式会社 大崎 美和子
コラムフェイスブック用


今、新潟マーケティング大学スタッフは年に一度の一大イベント新潟マーケティングカンファレンスの開催に向けて大忙し。

私も日頃お世話になっているお客様の更なる売上アップのお役に立てたらと、しつこいくらいにこのカンファレンスをご案内しています。

新潟マーケティングカンファレンスの参加費は15,000円。

先日、飛込みでご案内したお客様に「ちょっと高いな~」と言われて、ある言葉を思い出しました。

6年前。東京のマーケティング会社で働いていた頃。

「おもしろいセミナーがあるんだけど、行ってみない?」
当時の上司からあるセミナーの参加を勧められました。

セミナーの内容は「ブランディング」

その頃は、「ブランディング」が何を意味するのかよくわかっていませんでしたが、
なんだか響きがかっこいい!という安直な理由でこのセミナーに参加したいと思いました。

しかし、セミナーの参加費は10,000円。

新卒一年目で、お財布に余裕がなかったので、「ちょっと考えます」とお返事させていただきました。
そんな私の気持ちを察したのか、上司はこう言いました。

「若いうちは、貯金よりも自分に投資した方がいいよ」

その頃の私は心の中で「そうは言っても私にとって10,000円は高いんだけどな」という思いでいましたが、結局セミナーに参加することを決心しました。
数日後、青山のおしゃれなビルの一室で行われた2時間のセミナーに参加しました。
2時間はあっという間。普段参加しているセミナーのイメージから、真面目にメモをとって勉強するものだと思っていましたが、このセミナーは違いました。

・講師がGパンで登場
・たくさんの写真やスライドで紹介される先進的且つ実践可能な事例
・セミナーの参加者がよく声を出して笑い、参加者同士気軽にしゃべれる雰囲気がある

そして、このセミナーに参加して「ブランディング」が、とてつもなくおもしろいことわかりました。
セミナー後私は、映画1本を見たかのように高揚し、やる気に満ち溢れていました。

なぜやる気が沸いたかというと、社会人一年目の私でも実践できる「ブランディング」を楽しく学ぶことができたからです。

私はその後、同期、先輩、友人、お客様とあらゆる人にクチコミしました。

「本当に映画を見てるかのようなセミナーだった!おもしろいから行ってみて!」


それから6年たった今でもお客様に「ブランディングが課題で」とご相談をいただくと、このセミナーを思い出し、このときの話をしています。
このときのセミナー講師は、日本のブランディングの第一人者と言われる村尾隆介氏でした。

私が30人以上にクチコミしたこのセミナーで学んだブランディングのおもしろさと重要性を、そして、村尾さんが語るブランディングのおもしろさを皆さんにお伝えしたい。

そんな思いで、12/8(木)に開催する新潟マーケティングカンファレンスに村尾氏をお招きしました。
http://niigata-nmc.com/

すでに多くのお申込みをいただいておりますが、まだお席のご用意が可能です。
ご興味を持っていただけた方はぜひご参加をご検討ください。


「若いうちは、貯金よりも自分に投資した方がいいよ」

私が当時の上司に言われたこの言葉。

メンタリストDaiGoさんも同じようなことをおっしゃっています。
―――――――――――――――――――――――――――――――
節約よりも自己投資を心がけよう。
どんなに節約したところで、給料以上の貯金はできない。
下手に貯金してチャンスを逃すくらいなら、自分に投資しよう。
あなたの未来は、どれだけお金を貯めたかではなく、どれだけ成長できたかで決まるのだから。

メンタリスト DaiGo
―――――――――――――――――――――――――――――――

な!なんと、今年の新潟マーケティングカンファレンスにはメンタリストDaiGo氏もお招きしました。

DaiGo氏からは、商談・プレゼンで使えるメンタリズムのビジネス活用をご紹介いただきます。
http://niigata-nmc.com/

「若いうちは、貯金よりも自分に投資した方がいいよ」
私も後輩にそう伝えようと思います。

そして、映画のようなセミナーを聞いて、自社ブランディングについて考えてみませんか?



グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 副部長 遠藤 南

------------------------------------------------------------------------------
商売が100倍楽しくなる1日へご招待します
▼新潟マーケティングカンファレンス公式サイトはこちら
http://niigata-nmc.com/
12/8(木)朱鷺メッセにて開催!メンタリストDaiGo氏が登壇!

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

------------------------------------------------------------------------------

コラムフェイスブック用


人は「得をしたい」という気持ちを持っていると同時に、「損をしたくない」という気持ちを持っています。
心理学の研究によると、この2つのうち「損をしたくない」という気持ちの方が極めて大きいことがわかっています。
これを損失回避の法則と呼びます。

この損失回避の法則をマーケティングに活用することで売上を大きく伸ばすことができるようになります。
たとえば・・・

損失回避の法則で最もわかりやすい例がスーパーのレジ袋です。
エコバッグを持参すると10円引きします、とするよりもエコバッグを持参しないと10円頂戴します、とする方が圧倒的に持参率が高くなるというデータがあります。

これは、余計に支払う(=損失する)ことを回避したいという心理が強く働くからです。

送料無料や消費税還元セールが売上に大きく貢献するのも余計に支払わなければならない(と感じる)ものを払わなくて良いため損失を回避した気になるからです。
実際には1割引、2割引とされていた方が支払う金額が少なかったとしても損失を回避出来た方がお得に感じるのです。

皆さまのビジネスにおいてもキャンペーンなどを打ち出すのであれば◯◯しないと損する、という打ち出しにすることで大きな成果を上げられるかもしれません。

ビジネスは人と人とのやりとりですから、今回ご紹介したような売上アップに向けて役立つ心理学はたくさんあります。

そして、新潟で心理学を売上アップに結びつけるための講演を聞くチャンスをご紹介いたします。
今年の新潟マーケティングカンファレンスにて、あのメンタリストDaiGo氏が「ビジネス(商売)に役立つメンタリズム」と題して12月8日(木)に朱鷺メッセにてご講演くださいます。

既に多くの方からお申し込みを頂いております。
めったにないこの機会、ぜひお見逃し無いように、ご興味をお持ちの方はお早目にお申込ください。

http://niigata-nmc.com/



グローカルマーケティング株式会社
営業支援部 部長 遠藤 頑太



------------------------------------------------------------------------------
商売が100倍楽しくなる1日へご招待します
▼新潟マーケティングカンファレンス公式サイトはこちら
http://niigata-nmc.com/
12/8(木)朱鷺メッセにて開催!メンタリストDaiGo氏が登壇!

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

------------------------------------------------------------------------------
コラムフェイスブック用


ユニクロの店舗に行くと、レジのあたりにこんな紙が貼ってあります。

~お客様とのお約束~
1.きれいな売り場にします
2.広告商品の品切れを防止します
3.3か月以内は返品交換いたします

ユニクロでは自社や店舗の取り組みをお客様に伝えるため、「お客様のお約束」というかたちで打ち出しています。
こうした「お客様とのお約束」は私たちでもすぐできるブランドづくりの取り組みとしておすすめです。


「ブランディング」とよく言われますが、皆さんはブランドづくりについてどのような印象をお持ちでしょうか。
ブランドづくりは大手企業だけが取り組むことのできるものではなく、大小限らずどのような企業・お店でも実践することができます。
当社では、自社のブランドづくりは「『お客様とのお約束づくり』から始めましょう」とお伝えしています。

「お客様とのお約束」には、自社が大切にしている考え方、他社とどのような点で違いがあるのか、すなわち差別化の要素をちりばめることができます。
自社のブランドをお客様に認知していただくために、お客様視点で最もわかりやすい表現でお伝えするのが「お客様とのお約束」です。

こうした「お客様とのお約束」は、最近多くのお店で見られるようになりました。
先日とあるパスタ屋さんに立ち寄ったところ、レジのすぐ横にユニクロと同じように「お客様との3つのお約束」と掲げてありました。
新潟県内でも大小問わず、多くのお店や会社でブランドづくりとして実践していらっしゃいます。

今年の新潟マーケティングカンファレンスでは、中小企業のブランディングについて草分け的存在であり、
現在は、山形県朝日町ブランド化推進プロデューサーとしてもご活躍の村尾隆介氏に、明日からすぐに試せるブランディングについてご講演いただきます。
この機会に是非ブランディングについて学んでみませんか?

<詳細・お申込はこちら>
http://niigata-nmc.com/


グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 部長 野澤 玄也



売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中